メンタルケア心理士は国家資格なのか?

メンタルケア心理士は国家資格なのか?

メンタルケア心理士は国家資格ではありません。
しかし、メンタルケア学術協会が認めた公的な資格でああります。
心理学に関する資格として臨床心理士が最も国家資格に近い資格ですが、それでも国家資格ではないのです。
したがって、心理学の資格で国家資格は今のところないのです。
ならば臨床心理士を取得するのが1番いいのではないか?そう思われるかもしれませんが臨床心理士は受験資格が非常に厳しく受験することさえ困難な資格なのです。
具体的な受験資格は、指定大学院を修了していること臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者、医師免許取得者で取得後心理臨床経験2年以上を有する者、諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者、となっており資格を満たすだけでもかなりの苦労があります。
そのため臨床心理士試験は受験するまでにも相当な時間と専門的な知識・経験が求められます。
結論からいえば、メンタルケア心理士は国家資格ではなく民間資格になります。。
試験は特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が実施、認定はメンタルケア学術学会と一般財団法人生涯 学習開発財団が行っていますが、一見国家資格のように思えて、実はれっきとした民間資格です。ただし、民間資格だから格が下がるのかといえば、そんなことはありません。

 

というのも、そもそも心理系の資格には国家資格が一つもなく、どれもこれも民間資格ばかりなのです。
よく知られたものに「臨床心理士」や「メンタルケアカウンセラー」や「産業カウンセラー」がありますが、これらもメンタルケアの分野では有名な資格でありながら、いずれも民間資格です。
では、民間資格と国家資格に違いはないのかといえば、そんなこともありません。
民間資格は、民間の企業や団体が独自の基準を設けて試験を行っていますが、国家資格では、国の法律に基づいて資格試験が実施されています。
国家資格のほうが国に認められているという後ろ盾があるので、この点では民間資格よりも格が上であるといえます。
ならば、民間資格のメンタルケア心理士にはなんの権威もないのでしょうか?
いいえ、決してそんなことはありません。
ストレスの多い社会で頭を悩ませている人を救うことが出来るのです。