たのまなメンタルケア心理士学習スケジュール

たのまなメンタルケア心理士学習スケジュール

○ここでは、メンタルケア心理士の学習スケジュールについて説明したいと思います。

 

メンタルケア心理士 学習スケジュール

 

1ヵ月目 「精神解剖生理学基礎」の理解
各器官に現れる心身疾患を追うことにより「心」と「身体」のつながりや
ストレスとの関わりあいを習得します。
また疾患治療に用いられる薬の作用方法を学ぶ薬理学にも触れていきます。

 

ここで学ぶことはこんなこと
●生化学に関する基礎知識
 色体と遺伝子・たんぱく質・酵素・脂肪・炭水化物
●薬についての基礎知識
 薬理学・吸収・分布・代謝・排せ・薬の形状
●解剖生理学に関する基礎知識
 人体の組織・骨格・筋肉
 人体の器官:消化器系・循環器系・呼吸器系・泌尿器系・生殖器系・感覚器系・神経系・内分泌系
●生理心理学・認知心理学に関する基礎知識
 ストレス・認知や感情と脳の関係・睡眠・記憶

 

2ヵ月目「精神医科学」の基礎
統合失調症や不安障害など代表的な精神障害、認知症やパーキンソン病などの身体疾患と精神病状の関わりなあどを学びます。
また、疾患治療に用いられる薬剤の効果効能にも触れていきます。

 

ここで学ぶことはこんなこと
●精神障害に関する基礎知識
 統合失調症・妄想性障害・緊張性・双極性障害・抑うつ障害・不安症・強迫症・PTSD・神経発達症・(発達障害)
●身体疾患と精神病状に関する基礎知識
 腎不全・肝炎・脳卒中・パーキンソン病・認知症・糖尿病・更年期障害・クッシング症候群・甲状腺機能低下症・癌
●薬剤に関する基礎知識
 抗うつ薬(三環系<第1郡>・四環系・(第二郡)
 抗不安薬:ベンゾジアゼピン系・ベンザザミド系・ブチロフェノン系
●発達心理学に関する基礎知識
 発達過程と課題・危機・認知発達

 

カウンセリングを行う上での事前知識を付けましょう。

 

3ヵ月目「カウンセリング基本技法の理解」
クライアントを傷つけないためのものであり、カウンセラーの条件の一つでもあります。
ここでは、倫理や活動範囲を知ることによってカウンセラーとしての心構えを知り、代表的な
心理療法を身に付けます。

 

ここで学ぶことはこんなこと
●カウンセリングとは
 カウンセリングの歴史・カウンセリングの目的・カウンセラーの存在・職域におけるカウンセリング
●カウンセリング倫理
 カウンセリングに関わる倫理・守秘義務とその例外・
●カウンセリング概論
 インテーク面接・共感的理解・心理アセスメント・感情語・リファー
●カウンセリングと医療の関係
 チーム医療・地域精神医療・ケースカンファレンス
●心理療法基本
 来談者中心療法・指示的療法・精神分析療法・ケーススタディ

 

4ヵ月目「総まとめ〜終了認定テスト」
「補助DVD」で重要箇所をもう一度復習しましょう。弱点が克服できたら、「補講問題」「模擬試験」
「終了認定テスト」の添削問題にチャレンジ

 

5、6ヵ月目総復習「資格試験の受験準備」
終了認定テストに合格後、メンタルケア心理士認定試験に出願し、試験までの期間(約2ヵ月)に試験に向けた総復習を行います。
資格受験 メンタルケア心理士を在宅試験にて受験できます。