メンタルケア心理士を目指すにはたのまなのメンタルケア心理士講座がオススメ

メンタルケア心理士を目指すにはたのまなのメンタルケア心理士講座がオススメ

○メンタルケア心理士の資格は通信講座でも取得できます。
たのまなメンタルケア心理士は、ヒューマンアカデミーの通信講座ですが、メンタルケア心理士の資格を目指したい人にもおすすめです。

 

メンタルケア心理士とは
メンタルケア心理士というのは心理学とカウンセリングの両方の基礎知識を持ち、悩みを持つ人とコミュニケーションを取りながら、心のケアをする仕事です。
カウンセリングが主な仕事になりますが、ただ話を聞くだけではないところが特徴です。
相手が何を求めているかをしっかり理解し、確実な明確なアドバイスが必要になってきます。
今までは心の問題を解決するには、精神科や心療内科に行くしかありませんでした。

 

しかし特殊なイメージのある場所という事もあり、行くのを躊躇ってしまう人が多いのも事実です。
メンタルケア心理士は民間カウンセラーとしての位置づけですから、病院に行けない人も気軽に話や相談ができるというメリットがあります。
根本的な治療という意味では医師でなければ務まりませんが、カウンセリングに関してはメンタルケア心理士が担当出来ます。
また、メンタルケア心理士は自分が経験してきた様々な事を元に依頼者にカウンセリングを行わないといけないため、人と話すこと
が好きな方にはぜひ目指してほしい資格です。
治療に携わるという見方もできますが、本来の目的は悩みを抱える人の心の負担を軽くする手助けと考えるとわかりやすいでしょう。

 

○たのまなのメンタルケア心理士で学べること
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
たのまなのメンタルケア心理士は、心理学に少しでも興味があると思われた方にはぜひ、この講座に申し込みをしてみてください。
協力なサポートを行う講師陣が優しく教えます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
また、分からなかったらすぐに質問できる体制を取っているため、どんな質問も優しく丁寧に教えます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。