メンタルケア心理士に合格するためのアドバイス

メンタルケア心理士に合格するためのアドバイス

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士とは、専門的な「相談援助知識」をもって心の病を持ったクライアントをカウンセリングすることで、心の状態を改善させる仕事です。
メンタルケア学術学会が認定する、心理カウンセラー系の資格のひとつとなります。
心と体には密接なつながりがあります。心の状態が深刻化すると、体の状態も悪化することがあります。そのためメンタルケア心理士は、心理学のみならず神経や脳、身体のあらゆる器官に関する知識を身に付け、かつ治療法や薬剤についての基礎知識も習得する必要があります。(治療や処方はできません)
メンタルケア心理士になるには、メンタルケア学術学会が主催する資格試験に合格する必要があります。以下のいずれかを満たせば受験資格が与えられます。
メンタルケア学術学会が指定した教育機関にて、所定の講座を履修済み認定心理士の資格を取得している産業カウンセラー初級の資格を取得している4年制大学の心理系学科を卒業している
社会人として働きながらメンタルケア心理士の資格を取得する場合、指定した教育機関で講座を履修するほうが効率的でしょう。
メンタルケア心理士の講座では、現代社会に潜む様々な問題を、心理学的な側面から勉強していきます。同時に、心理学だけではなく神経や脳、器官など、医学的な知識も並行して勉強していきます。
また、知識だけではなく、具体的なカウンセリング技法や、医学的な観点からの心理療法も学ぶことによって、より実践的で即戦力となる人材を育成していきます。
講座の受講期間は約4カ月。添削課題もあるので一方通行の学習にはならず、各受講生に合った形で効率的な学習を進めていくことができます。
医療機関に勤務しながら、メンタルケア心理士の資格を取得しました。現在の仕事は患者さんの心のサポートが中心になります。具体的には、日常的な心の管理や、病気や生活に対する不安の払しょくなどです。心の問題には突発性を伴うこともあるので、緊急出動が要請されることもあります。思うように休めなくても、患者さんのために自分ができることを精一杯やれるこの仕事に、大きなやりがいを感じています。