メンタルケア心理士の総合的な評価について

メンタルケア心理士の総合的な評価について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

ここでは、メンタルケア心理士の資格について総合的な評価をしてみたいと思います。
いろいろな疑問はあると思うので、ここでしっかり答えていきたいと思います。

 

1、社会的信頼性はあるか?
メンタルケア心理士というのは、厚生労働省に認定されている資格なので、履歴書に書いても恥ずかしくない資格です。ただし、心理関係の資格で、就職に関して言うならば、有利に働く資格は臨床心理士、産業カウンセラーぐらいのようです。しかし、本人次第でカウンセラーとして開業することはできる資格だと思います。

 

2、人気、評価はどうか?
乱立している心理カウンセラー関係の資格の中では、比較的ポピュラーな方だと思います。この資格を使って直接的に就職が有利になるとか、カウンセラーとしてすぐ生計を立てられるというような資格ではありませんが、企業においてもメンタルケアの問題は昨今重要視されており、自分自身の心の健康ということを考えても、持っていると良い資格だと思います。

 

3、使えるスキルは身につくか?
メンタルケア心理士はメンタルケアカウンセラーのレベルアップした資格であり、初心者がメンタルケアカウンセラーの資格を取得した後に目指す資格です。カウンセラーとしての基本技法も身につきますし、メンタルケア、コミュニケーションスキルを磨くのにも適していると思います。

 

4、取得しやすいか?
在宅の試験ではありますが、合格率は40パーセントを切る資格なので、難しい部類の資格に入ると思います。受験資格を見ても、指定講座修了者以外は、認定心理士や産業カウンセラーの資格を保有している者など、かなりハードルの高い受験資格が設定されていると思います。

 

5、費用は適切か?
ヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座を修了したものにも受験資格が与えられます。ヒューマンアカデミー心理士講座49,000円(税込)標準学習期間4ヶ月。メンタルケアカウンセラーとは違い、認定試験があります。受験資格は、その他、認定心理士の資格保有者、産業カウンセラーの資格保有者、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科、または心理隣接学部、学科卒業者なので、49,000円で受験資格が得られるのならば、安いのかもしれません。
資料はもちろん無料です。統計資料なども満載で分かりやすくまとめてあるので、資料を読むだけでも勉強になりますよ。
私も最初は資料集めからはじめました。