メンタルケア心理士の問題はどのような問題が出題されるのか?

メンタルケア心理士の問題はどのような問題が出題されるのか?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○メンタルケア心理士の試験対策について

 

メンタルケア心理士を取得したいと思うなら、試験の過去問を研究しなければなりません。
過去問の内容と傾向が分かれば、試験対策も万全になるからです。
ここでは、メンタルケア心理士の試験で過去にどんな問題が出題されたかを報告しているので、資格取得を目指す人は参考になさってください。

 

ここでは、メンタルケア心理士試験の過去問の出題傾向をご紹介します。
メンタルケア心理士の試験では一般学科と文章作成がありますが、まず一般学科から見ていきましょう。
まず、「解剖生理学」は過去必ず出題されています。

 

具体的には、骨格、筋肉などの人体組織、消化器系、循環器系、呼吸器系など人体器官に関する基礎知識ですが、神経系、内分泌系、感覚器系など生殖器系からも出題されています。
中学校の保険体育とかで出てきそうな内容ですので、もう一度教科書を見直してみましょう!!

 

○精神解剖生理学はかなり重要
次に「精神解剖生理学」ですが、こちらも試験対策が欠かせない分野といえるでしょう。
具体的に出題されるのは、生化学の基礎知識、すなわち、遺伝子や染色体、炭水化物、脂肪、酸素、たんぱく質の知識です。
薬についての基礎知識もよく出題されています。

 

例えば、薬の形状、排泄、代謝、分布、吸収といった知識、これらは薬理学といわれますが、次の試験でも出題される確率が高いでしょう。
メンタルケア心理士は患者さんに薬の提供は出来ませんがしっかりと薬の知っておかなければなりません。
精神医科学分野の問題も出題されますが、こちらは「精神障害の基礎知識」と「身体疾患および精神症状に関する基礎知識」が問われます。
精神障害の基礎知識では、統合失調症や妄想性障害などの精神病、うつ病性障害、双極性障害などの気分障害の知識です。
身体疾患および精神症状に関する基礎知識では、糖尿病、認知症、パーキンソン病、脳卒中、肝炎、腎不全などです。
文章作成では、総文字数800字程度で、試験のガイドライン及び学科出題範囲からの記述問題を形式に、オリジナルの文章を作成しなければなりません。
文章作成についてもヒューマンアカデミーたのまなのメンタルケア心理士講座ではしっかりサポートしてくれます。