なぜ、メンタルケア心理士の資格が必要なのか?

なぜ、メンタルケア心理士の資格が必要なのか?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○困っている人にしっかりサポートできる
メンタルケア心理士が相談に乗ったり、カウンセリングを行ったりして助けた人たちにはどのような人たちがいるのでしょうか。年齢や性別は様々であると言います。この現実はある一つの社会の問題も浮き彫りにしています。それはメンタルケア心理士の助けを必要としている人の数が増加しているということです。以前であればストレスに起因した問題は女性が多いとか、子供には関係のない話、などと簡単に決めていましたが、最近は状況が大きく異なっています。特に子供や若者の間でメンタルケア心理士の助けを必要とする人が増えています。
以下は過去にいじめられた息子を持つ母親の話です。このような方を少しでも減らすためにも、メンタルケア心理士の試験を目指す必要があるのです。
私はあなたの息子さんのような児童に小学校の頃いじめられ、中学も一緒だったので、いじめられました。

 

小学校中学校は不登校になり、外に出ることすら怖くてままならず、昼夜逆転の生活になり、精神科に行く日々・・・・あなたはいじめを受けたことがありますか?
もしくはいじめがどうゆうものかをしっかり見つめたことがありますか?
まずはそこをしっかり考えて、(いじめはどんな酷い内容なのか等)それを、子供さんに聞かせてみてください。

 

「いじめをされてどんな気持ちになる?」とかじゃなく、いじめられて子供の将来のことまで、考えた叱り方をしてあげてください。

 

これだけは覚えておいてください。

 

いじめた側は時間が経てば忘れていくが、いじめられた側は絶対に忘れることができず、死ぬまでその傷は癒えないのです。
実際私がそうなのでね。
私は私をいじめた人間を絶対に許しません。

 

あなたの子供さんがそのように思われるんだと、子供が泣いてもいいので、しっかり一字一句忘れないように叱ってやってください。

 

最後に・・・

 

ごめんねと謝ってもしいじめられた側の子供が「いいよ」といってもそれはいじめられた子供にとっては腹が立つだけです。
誤っただけで罪を償うことが出来たと思ってるのは勘違いです。

 

一生あなたの子供と罪を償いながら生きていく覚悟を決めてください。
最近、本当に子どもの悩みが深刻になっています。
学校でのいじめ問題や不登校の生徒も多いのも現実です。
このような子供たちを救うためにもメンタルケア心理士のは重要な資格であるのです。

 

例えば、最近、メンタルケア心理士の所に相談に来る人で増えているのは片親家庭に暮らす家族や子供たちのようです。独特の家庭環境のため抱える問題も特殊であって他の人からは理解されない部分も多いようです。周囲によく似た状況の人が増えていても、みなどうして良いか分からずに困っている事もよくあるそうです。そのような時にメンタルケア心理士の資格をもつ児童相談員やカウンセラー、学校の先生が助けになっているようです。専門のカウンセリングのための知識を持っている彼らの力に頼っていくらかでも状況が好転している人は少なくないようです。

 

また別の人々は職場での問題を抱えている人たちです。上司との関係や同僚との関係で悩む人の助けになっています。社内で相談しますと内容が漏れてしまい、会社に居づらくなることもあるようですが、メンタルケア心理士の資格をもつ相談員や社内でもこの資格を持った部署を設けていて、人々を援助している所もあるそうです。こうした会社では相談者が、退職に追い込まれるのではなく、相談して、問題をいくらかでも解決して仕事を続けることができているようです。
また、悩んでいる人の一番の解決する薬は人に話を聞いてもらうことが一番です。

 

こうして考えてみますと、メンタルケア心理士の人たちが助けて救ってきた人々は社会をこれから担う人々や、現在社会を担っている人々であることが分かります。