素人が見るメンタルケア心理士の特長

素人が見るメンタルケア心理士の特長

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士の特徴はなんといっても「精神解剖生理学」や、「精神医科学」といった医学・薬学・生理化学の知識を学べる点です。

 

メンタルケア心理士は特許庁登録商標資格であり、悩みを抱えている人の心の健康を保つための健康アドバイザーと言える人です。
メメンタルケア心理士の就職先によってメンタルケア心理士の名称も異なってきます。

 

まず就職先は学校内や企業内の相談室や児童相談所、精神科や心療内科などの医療機関、心理クリニック、医療福祉施設、教育相談所などがあります。色々な悩みや問題を抱えて社会的適応不全に悩んでいる人のメンタルケアをする医療機関などの就職をする場合、名称は心理カウンセラーとなります。メンタルケア心理士の中でも皆さんが最も聞いた事があるのはこの心理カウンセラーではないでしょうか?
次に教育機関や児童相談所などに就職をして、児童や生徒のカウンセリングをする場合、名称はスクールカウンセラーとなります。子供の悩みを聞いて解消するだけではなく、生徒の潜在的な問題などの解消をするのもスクールカウンセラーの役割となっています。
次に企業内相談室などに就職をして、従業員の対人関係や問題などの解消をする役割を持っている場合、産業カウンセラーとなります。相談者の精神的な悩みや会社における問題に取り組めるように耳を傾けるのが仕事内容となります。
就職先によって名称は変わってしまいますが、相談者の悩みや問題を解決するためのサポートをするのは変わりません。

 

○メンタルケア心理士の主な就職先として
医療福祉関係学校関係企業(営業、販売、総務、労務、人事)などがあります。
また、カウンセリングルーム開設、インターネットを通じてのメール、電話カウンセリングを行う場合もあります。

 

メンタルケア心理士とは、「相談援助」の知識を持った心の健康アドバイザーのこと。
通常のカウンセリング技術のみにとどまらず、身体と心の密接なかかわりに着目し、神経や脳、その他体の各器官、身体と神経症・精神症状との関係、薬剤についての一定の知識を習得します。

 

こうした幅広い知識と多角的な観察眼を活かし、心理カウンセリングを行うことこそが、メンタルケア心理士の強みであり仕事の中心です。解剖生理学、精神医科学、カウンセリング技法と、広い視野を持って体系的に心理学を学べるだけでなく、学術学会の後ろ盾があり、通信課程で受験ができる認定資格は、数ある心理資格の中でも極めて貴重な存在です。

 

1、「内閣府特別の機関 日本学術会議協力 学術研究団体 メンタルケア学術学会」、財団法人 生涯学習開発団体」のW認定!!
2、質問は質問フォーム・FAX・郵送で何度でもOK!講師のフォローも万全
3、「交流分析・エゴグラム」10800円相当がついてくる!
4、今なら「メンタルケア心理士認定試験合格虎の巻」がついてくる!
5、カウンセラーの交流の場「メンタルケア学術学会」の会員として活動できる!!