知っておくべき心理学の分野いろいろ

知っておくべき心理学の分野いろいろ

ここでは、様々な心理学に触れてみたいと思います。
○臨床心理学
心理学というと一般に臨床心理学の領域を思い浮かべる人が多いようです。
簡単にいうと悩みや問題を抱えた人を援助する方法を考える分野です。
内容としては、さまざまな心理療法の理論や臨床現場で使用される心理検査、精神医科学的な知識になります。

 

具体的な心理療法としては、精神分析療法、来談者中心療法、行動療法、論理療法、遊戯療法など様々です。

 

実際の現場で使用される心理検査も性格検査などの質問紙法、ロールシャッハテストに代表される投影法、作業検査法、発達検査などいろいろなものがあります。
臨床心理学は主観が大きく左右するだけに、指導者によって流派や考え方が大きく異なります。

 

○教育心理学
教育課程における心の働きを心理学の知識と方法によって研究する学問です。
教育というと「学校教育」を思い浮かべると思い浮かべると思いますが、学校教育や社会教育など生涯にわたって行われるのも含んでいます。
つまり、ここでいう教育とは、広範囲な学習が効率よく行われるようにサポートすることであり、対象となる人の成長を期待しながら行う働きかけ
全般を研究対象とします。

 

人間は生涯にわたって学習する存在であるという考えが基盤にあるので、子供から高齢者までが、対象となります。

 

1、「発達」領域:発達段階の心理的特長、発達の法則、遺伝と環境の関わりなど
2、「人格」領域:知能や性格などの個人差やその構造、発達・形成の過程、欲求耐性など
3、「学習」領域:学習過程や関連する認知・思考・記憶の働きと発達など
4、「憶定・評価」領域:知能や性格特性の測定、学力の評価など
5、社会領域:教師ー生徒関係、社会性、道徳性・規範意識など
6、「教授過程」領域:教科教育、学習指導など
7、「臨床」領域:実際の事例、不登校、いじめなど
8、「障害」領域:障害者・障害児理解、関係する諸問題などの領域です。