メンタルケア心理士が必要とされる理由

メンタルケア心理士が必要とされる理由

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士という言葉を聞きますと、たいていの人々は精神や感情面で病気を持った人たちのための備えと感じてしまいますが、実際にこの資格を持った人が活躍する場所や必要されるのはそのような分野に限定されません。むしろ、通常生活にもっと密接に結びついた場面で必要とされています。なぜでしょうか?それは最近の日本も含めて、世界規模の社会の構造の変化に人間関係が影響を受けているからです。

 

昔から日本は諸外国に比べますと、人間関係の問題や感情面での衝突などが比較的少ないと言われてきました。日本人は慎み深く、まじめで、忍耐強いともよく言われてきました。そのため、昔は感情的なストレスを抱えることがあっても、そのことを表面に表したり、誰かに相談したりするなど、しばしばあったようです。

 

仮に、もし、そうした問題を持っていたとしても公にはせずに隠したり、我慢したりして、解決という方向ではなく、押し殺して処理してきたような部分がたくさんあったようです。

 

しかし、近年になって日本も欧米の影響を受けて、さらには高度な情報化社会が到来して日本のこうしたスタイルに大きな変化が生じました。外国では何十年も前からカウンセリングや専門家による感情的なストレスへの対処がおこなわれてきましたが、日本でもカウンセリングや専門家に治療やアドバイスを扱った本や、インターネットのサイトが最近になって爆発的に増加しました。そのため、こうした問題に対処する専門家や知識を持った人々が緊急に必要となったわけです。もちろん、昔から精神科の医師や病院はありますが、どちらかというとこうした医療分野はイメージ暗く、人々から敬遠されがちです。でもメンタルケア心理士は医師でもなく、医療関係者でもありません。そのためある意味では少し気楽なイメージで近づくことができると、述べる人は少なくありません。

 

○たのまなのメンタルケア心理士で学べること
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。

 

初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
たのまなのメンタルケア心理士は、心理学に少しでも興味があると思われた方にはぜひ、この講座に申し込みをしてみてください。
協力なサポートを行う講師陣が優しく教えます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
また、分からなかったらすぐに質問できる体制を取っているため、どんな質問も優しく丁寧に教えます。

 

その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。