メンタルケア心理士とメンタルケア心理士専門士の違い

メンタルケア心理士とメンタルケア心理士専門士の違い

メンタルケアを目的とした資格はメンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の2つが代表的です。
非常によく似た名称の2つですが、それぞれで違いがありますのでしっかり把握しておきましょう。

 

どちらもメンタル、つまり心のケアをすることは同じですがたとえば資格取得の難易度や受験資格も変わってきて、メンタルケア心理専門士はメンタルケア心理士の資格や、臨床心理士の資格を所有していることが受験の条件となっており、このことからメンタルケア心理士の上級資格であることがわかります。
メンタルケア心理専門士になるためにはまずメンタルケア心理士の資格を取得する必要があるわけです。
難易度もメンタルケア心理士よりも高くなり、メンタルケア心理士の合格率は40%ほどですが、メンタルケア心理専門士の合格率は少し下がって35%ほどです。
より深い知識が必要になると言えるでしょう。

 

将来的にカウンセラーとして働きたいという場合、メンタルケア心理士だけではなくメンタルケア心理専門士の資格も取得することでより幅が広がります。
メンタルケア心理士はメンタルケアの基本を学ぶ資格と言えますので、実際に仕事に活かすためには少し心もとない資格になるでしょうか。
一般的にメンタルケア心理専門士の資格も取得しておけば学んだ知識を応用することも可能になり、患者とより深いコミュニケーションをとることが可能になります。
このことを考えるとメンタルケアの知識を今の仕事でも活かしたいならメンタルケア心理士を、メンタルケアに関する仕事をしたい時にはメンタルケア心理専門士を取得するのがいいでしょう。
もちろんメンタルケア心理士の資格があればカウンセラーとして働くこともできますが、上級資格であるメンタルケア心理専門士の資格を取得しておいた方が就職や独立に有利になるだけではなく、実際の現場でも役に立ちます。

 

メンタルケア心理士は基本を、メンタルケア心理専門士は応用力を身に付けるための資格と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

○たのまなのメンタルケア心理士で学べること
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。

 

初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
たのまなのメンタルケア心理士は、心理学に少しでも興味があると思われた方にはぜひ、この講座に申し込みをしてみてください。
協力なサポートを行う講師陣が優しく教えます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
また、分からなかったらすぐに質問できる体制を取っているため、どんな質問も優しく丁寧に教えます。

 

その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。

 

○たのまなのメンタルケア心理士で学べること
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。

 

初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
たのまなのメンタルケア心理士は、心理学に少しでも興味があると思われた方にはぜひ、この講座に申し込みをしてみてください。
協力なサポートを行う講師陣が優しく教えます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
また、分からなかったらすぐに質問できる体制を取っているため、どんな質問も優しく丁寧に教えます。

 

その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています