メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラーの違い

メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラーの違い

メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラーの違いについてご説明します。
メンタル心理士とメンタル心理カウンセラーは双方とも、心やメンタル面でのケアを行う存在で、有資格者がそれを行います。
しかし、もちろんですが双方全く同じメンタルケアを行うのかというとそうではなく、それぞれに違いが存在します。ここではその違いや差異、資格の価値について比較してご説明したいと思います。

 

○どちらが広範に役立ち、必要となる資格なのか
メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラー、名前は似ていますが似て非なるもの。
それぞれ、資格を取得して実際に業務に生かせるのですがその資格取得の難易度が違えば、役立ち、活用できる範囲も違ってきます。
どういった点でこれらの資格に違いが見られるのかチェックしてみましょう。
まずはメンタル心理カウンセラーからです。

 

○メンタル心理カウンセラーとは?その資格取得方法や将来性
メンタル心理カウンセラーは、一般財団法人「日本能力開発推進協会」が認定しているメンタルケアカウンセリング資格。
メンタル心理カウンセラーとなるためには、カウンセリング能力や技術を習得した上で、人間心理を把握するために心理学を学ぶ必要があります。
資格を取得するためには、メンタル心理カウンセラー養成講座を受講する必要があります。
これは、一般財団法人「日本能力開発推進協会」が認定した教育機関が全国で講座を設定しています。
この養成講座を受講した後、検定試験を受けます。これに合格すると、晴れてメンタル心理カウンセラーとなります。
この資格が生かせる職場とは、私企業でのカウンセリング、学校のカウンセリング委託、病院や介護施設などです。

 

○よりレベルが高く応用範囲の広いメンタルケア心理士とは?その資格取得と職場
メンタルケア心理士資格を取得するためには、メンタルケア学術学会指定教育機関が認定した講座を完了した場合のほか、認定心理士資格保持者、産業カウンセラー資格保持者、4年制大学の心理学部で修士取得者のいずれかである必要があります。
メンタル心理カウンセラーと比較しても、よりハードルが高いことがご理解いただけると思いますが、ハードルが高い分、貴重な資格となり、収入や職場という観点で有利になることはご理解いただけるでしょう。
多くの方は、心理学部卒や有資格者でないので、養成講座を受けた後に試験という流れになります。
職場としては、評価が高いため企業の顧問カウンセラー、教育、福祉、医療の現場でのカウンセリング業務が中心となります。
収入は時給5000円ほどですので、かなり将来性のある資格であることがご理解いただけるのではないでしょうか

 

○たのまなのメンタルケア心理士で学べること
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。

 

初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
たのまなのメンタルケア心理士は、心理学に少しでも興味があると思われた方にはぜひ、この講座に申し込みをしてみてください。
協力なサポートを行う講師陣が優しく教えます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
また、分からなかったらすぐに質問できる体制を取っているため、どんな質問も優しく丁寧に教えます。

 

その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。