メンタルケアカウンセラーの講座

メンタルケアカウンセラーの講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

基本的にメンタルケアカウンセラーの資格を取得するための講座は通信講座が代表的です。
専門家が手がけたテキストを読み進めていき、そのテキストに関するレポートを提出するという形になります。
メンタルケアカウンセラー講座では3項目に分かれており、それぞれの段階において必要なことを学んでいけるでしょう。

 

第一章ではカウンセラーに求められる傾聴姿勢であったり、各種心理療法などについての知識を深めていきます。

 

第二章では、フロイトやユングといった心理学の歴史的な経緯であったり、欲求のメカニズムなどを具体的に学ぶことが可能です。

 

第三章では、人の身体とここの病気を中心に学習を進めていき、この段階のレポートが認められれば修了認定テストに挑戦できます。
このテストに合格できれば、晴れてメンタルケアカウンセラーの資格認定書が授与されることになるのです。
メンタルケアカウンセラー講座に関しては初級講座となっていますので、本格的にカウンセラーとして活躍したいのであれば、さらなる上級の講座のメンタルケア心理士講座を受けて資格認定を目指しましょう。
メンタルケアカウンセラー講座については標準学習期間が3ヶ月程度とされていますが、週に3回、1日10分程度の学習時間であっても、問題なく学習を進めていくことができます。
ですので、そこまで難しい資格ではありません。
カウンセラーという職に就くだけではなく、自分自身のメンタルケアにも役立ってくれるので、プライベートにも活かすことができる資格だと言えます。

 

○メンタルケアカウンセラーとは?
現代はストレス社会とも言われており、事実多くの人が心の病気を抱えていると言って良いでしょう。
そうした状況の中で、メンタルケアを行う職業もまた注目を集めています。
アメリカではこうしたメンタルケアというのは、社会的にも浸透しているのですが、日本ではまだまだ広まっていないのが現状です。
しかし、逆を言えば今後に期待が持てる分野であるとも言えるので、現在注目を集めていると言えます。
そうしたメンタルケアの初歩的な資格が、メンタルケアカウンセラーです。

 

○メンタルケアカウンセラーの資格って?
メンタルケアカウンセラーというのは、心の問題の専門家だと考えてください。
公的な資格ではなく、民間団体が発行する資格となっているのですが、公的学会認定資格となっていますので、民間資格の中では権威ある資格と言えます。。
就職などにも役立てることができる資格となっていますので、取得しておいて損はないでしょう。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。