メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士総合講座は上級資格を目指す人のための講座です。
現代では心の問題を抱えている人は多く、日本でも民間のカウンセラーへの需要というのは高まってきています。
そうした中で、専門的な資格取得を目指す人も増えており、そのための講座がメンタルケア心理士総合講座だと言って良いでしょう。
このメンタルケア心理士総合講座では、メンタルケア心理士メンタルケア心理専門士カウンセリング実技実践プログラムの3つを受けることができます。
メンタルケア心理士は心理カウンセラーになるためのファーストステップ的な資格です。
そのメンタルケア心理士を1つ推し進めたものが、メンタルケア心理専門士の資格です。
精神疾患における支援ができるようにカウンセリングだけではなく、精神療法などについても詳しく身につけていく講座です。
最後にカウンセリング実技実践プログラムとは、カウンセリングを行っていくための基本的な技法などを学ぶ講座となります。
ただし、カウンセリング実技実践プログラムに関しては、プログラムが別途ついた同名の講座を選択する必要があるので覚えておきましょう。

 

○仕事と勉強の両立が可能です。
メンタルケア心理士総合講座ではどんな勉強をする?
メンタルケア心理士総合講座では基礎となるメンタルケア心理士の学習から始めます。
テキストと専門家が講義をしているDVDをあわせて、学習していくことになるのですが、添削課題などがついていますので、自分の身についているかをしっかりと確認できるのがポイントです。

 

添削課題を提出すると講座の修了となり、認定試験を受験できるようになります。
この認定試験をクリアすると、メンタルケア心理士の資格を習得可能です。
次に、メンタルケア心理専門士の資格取得へと進んでください。
こちらも基本的にはテキストと講義のDVDで進めていく形です。
添削課題を提出し、その後に認定試験を受けるというのも同じだと考えてください。
ただし、こちらは上級の資格になりますので、難易度は高くなっています。
どちらを先に進めても良いのですが、やはり基礎となるメンタルケア心理士から進めていく方が無難でしょう。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています
ちなみに、カウンセリング実技実践プログラムもDVDとテキストになります。
ただ実際のカウンセリングで使われている技術であったり、面接の流れなどを学習できるので、手に職をつけたいと考えている人にはお勧めかもしれません。