メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

病院に行くほどではないけれど、誰かに話を聞いて欲しい、そうした時に民間のカウンセラーへの需要が高まるのですが、そのための資格がメンタルケアトリプル講座で取得することができます。
メンタルケアトリプル講座ではトリプルとあるように3つの資格取得ができます。
メンタルケアカウンセラーメンタルケア心理士メンタルケア心理専門士の3つです。
メンタルケアカウンセラーとは、メンタルケアのための初級講座と言っても良く、入門編といった立ち位置になります。

 

医療現場企業の保健室などで活躍できるのが、メンタルケア心理士という資格です。
そのメンタルケア心理士をさらに推し進めたものが、メンタルケア心理専門士という形になります。

 

メンタルケア心理士が初級とすれば、メンタルケア心理専門士は上級資格というように考えて間違いありません。

 

○メンタルケアトリプル講座ではどんな勉強をするの?
基本的には上であげた順番で資格の取得を目指していきます。
メンタルケアカウンセラーの場合は、テキストを読み、その理解度を確認するためのレポートを送付するという形で進めます。
レポートの提出が終われば認定テストを受けて、クリアすれば資格が取得できるという形です。
メンタルケア心理士ではテキストだけではなく、専門家の講義が聞けるDVDも付属しています。
この2つを使って、学習を進めていき、最終的には修了認定テストをクリアすることで、資格取得が可能です。
講義のDVDとテキスト以外にも補助DVDがついていて、勉強した知識が身についているか確認できるのも嬉しいポイントでしょう。
最後にメンタルケア心理専門士ですが、こちらもテキストとDVDによって学習を進めていきます。
形としてはメンタルケア心理士と同じだと言えるのですが、上級の資格だけあってテキスト内容も講義の内容もより専門的になっているのが特徴です。
メンタルケア心理専門士も最後に修了認定テストに合格できれば、資格取得となります。

 

ちなみに、メンタルケアトリプル講座ではカウンセリング実技実践プログラムがついてくるタイプもあります。
これはカウンセラーとしては必須の技術であるカウンセリングの詳しい技術や心構えなどを学習できる講座です。
テキストとDVDによって進めていき、資格認定という形ではありませんが、自らのカウンセリング技術を深めることができるでしょう。