メンタルケア心理士のポイントとは?

メンタルケア心理士のポイントとは?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

「前々から心理学に興味があって自分でもカウンセリングしてみたくて、その入門編のつもりで講座を受講しました。心理学や精神疾患などが簡潔にわかりやすく説明してあり、初心者でもとまどうことなく学習できました」
「友人が興味を持ったのをきっかけに私も一緒に受講することになりました。DVDや教材を使って自分のペースで進めることができるのがすごく便利で良かったです」
「闘病を体験し健康と心に関心を持ち始めて、このメンタルケアの受講をしました。教材のDVD講座は、そのまま講義をうけているかのようですごくいいです。学習を終え、添削問題を提出してから返送されてくるまでのスピードも早くて助かっています」
たのまな メンタルケア心理士は費用に関するものがあります。
一度でも通学講座や通信講座を受けた経験がある人であればご存知でしょうが、資格取得までにかかるお金は決して安いものではありません。
クオリティの高い講座を提供するためコストがかかっていますので、高額になるのはしかたのない部分もあります。
たのまな メンタルケア心理士の通信講座は税込49,800円です。
これを高いと感じた人もいるでしょうが「たのまな」では一括払い以外にも対応している点が魅力的です。
各種クレジットカードの分割払いのほか、教育ローンにも対応しています。
たのまな メンタルケア心理士で資格取得を目指す場合、金銭面での「」も期待できるのです。
たのまな メンタルケア心理士は初学者でも資格取得を目指しやすい理由があります。
通信講座というと通学せずに一人でコツコツと学習を進めていくイメージがありますし、一度壁にぶつかると相談できる仲間や講師がおらず、挫折しやすいと思う人もいるでしょう。
しかしながら、たのまな メンタルケア心理士の通信講座は一人ではありません。

 

スクールに行くわけでもないのになぜ一人ではないのかと頭の上にクエスチョンマークが浮かんだ人もいるでしょうが、理由は以下に掲載しています。

 

初心者でも学びやすく「これなら私でも続くかもしれない!」と思えるような教材になっていますので、初心者から心理カウンセラーの資格が欲しいと思っている人はぜひたのまな メンタルケア心理士をチェックしてください。

 

まず1つ目の理由ですが、分からないことがあり学習が進まなくなった場合、担当講師のサポートを受けることが可能です。

 

質問フォームを使って解決したいところをメールでたずねる、郵送・ファックス送信での質問に対応しています。

 

別途料金がかかるのではないかと不安に感じるかもしれませんが、質問は無料、回数も無制限です。

 

理解できるまでしっかりフォローされるのは、初心者にとっては嬉しいことではないでしょうか。

 

また「たのまなコミュニティ」があり、掲示板上で情報交換をすることが可能です。

 

一緒にメンタルケア心理士を目指す「仲間」との交流があるので、一人ぼっちで学習している気がしにくいわけです。

 

なお、メンタルケア心理士の資格取得のために医学的・専門的なことも学びます。

 

抵抗がある人はまず、メンタルケア心理士より初心者向けの「メンタルケアカウンセラー」の講座も「たのまな」にありますので、あわせてチェックしてみると良いでしょう。