メンタルケアがいかに重要か?

メンタルケアがいかに重要か?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケアとは「心の、精神の健康」を保持・増進させることであり、 「よりよい心の状態を作り豊かで活き活きとした生活を送る」という考え方をいいます。
企業においては従業員の「精神的健康管理」を言い、こうした働く人の健康や満足感を 維持・向上させることは人的資源の有効活用につながり、企業にとっても、労働生産性を向上させることになります。
日本人の働き過ぎはかねてより指摘されていますが、企業の人員削減が進み、拍車がかかっているのが現状です。 特に人材の乏しい中小・中堅企業では、無理を強いられている従業員をフォローするシステムも存在しないので、 ひとたび労務に関するトラブルが発生すれば、そのダメージは死活問題になりかねません。 また、2008年後半からの世界的金融危機は、働く人に強い雇用不安を与え、メンタルケアの必要性は大きくなっています。
長時間労働者比率を日本と欧米先進国とで比較すると、日本は週当たり労働時間50時間以上の 労働者の比率が28.1%と他国に比べて格段に多いことが明らかです(左下図参照)。 また、パートタイマーなど短時間労働者が増えている一方で、長時間労働者も増加しています。 有職者計(男女計)の長時間労働者比率は1995年の17%から2000年、2005年にはそれぞれ21%、22%へと増加しています
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。