メンタルケアは欧米で最も進んでいる

メンタルケアは欧米で最も進んでいる

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○メンタルケアは人間がより良く生きる為に意味がある
メンタルケアには重要な意味があります。アメリカなどの一部の企業では精神異常を来たす事がないようにケアをする取り組みが行われていますし、メンタルケアは人間がよりよく生きる為にも意味がある事だとして注力しています。メンタルケアのメインの意味としては、予防なのです。メンタルケアには3段階の予防策があります。

 

○3段階のメンタルケアで最重要なのが1次予防
メンタルケアには3つの予防策があります。最も大切なのは1次予防で、メンタルヘルスに悪影響を与えるストレッサーの削減などを行う事でメンタルヘルスの悪化を未然に防ぐ予防の第一段階を意味します。悪化する前の段階で阻止する事が大切というわけです。日本ではまだまだ採択されていませんが、日本は自殺者の数からみてもストレスを抱えやすい社会ですので、1次予防が最重要で、最も力を入れるべき項目でしょう。
メンタルケアの2次予防は異常が見られた時の対処を意味する
メンタルケアの2次予防は、すでにメンタル面に異常が見られた時の対処という意味です。カウンセリングの受診や、ストレッチを行いメンタルの悪化を食い止めます。一見無関係で意味があるのかと思われがちなス トレッチですが、リラックスしながら行うストレッチにはリラクゼーション効果があり、効果があるとされています。悪化する前に発見する事が重要です。

 

○メンタルケアの3次予防は最終段階
メンタルケアの3次予防では、精神状態が悪くなり、2次予防の効果を得る事が出来ないときには一定期間の休業や休職を行うことで、改善につなげる意味があります。トレスの原因から遠ざける事でメンタルの回復を図るのです。3次予防まで行ってしまった場合は難しいですが、初期の段階で、自分でメンタルをケアする事が心の健康を考える上で重要だといえるでしょう。

 

○自分の状態を把握するのが一番大切なメンタルケア
メンタルケアで最も大切なのは、なんといっても自分のメンタル状況を把握しておくことでしょう。メンタルの意味をしっかりと知り、自分と向き合う時間を少しでも作ることで自分が置かれている状況がわかれば、その時点での意味のある対策がとりやすくなるというわけです。自分のメンタル状況を把握する事が重要ですので、リラックスして自分と向き合う時間を作りましょう。

 

○メンタルケアには人がより良く生きるために重要な意味があり3段階に分かれている内容の内1次予防が最も大事
メンタルケアの意味は主に予防です。生活習慣の改善やリラックスするよう心がけると良いでしょう。どうしてもストレスは毎日たまっていきます。まずは、生活習慣を整える事が重要でしょう。就寝時間や食事の時間、栄養バランスなどに気を付ける事でストレスを受けにくいメンタルの基礎をつくることができます。ストレスを感じた場合には、適度な運動や音楽を聞いたりしてリラックスしましょう。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。