メンタルケア心理士とは

メンタルケア心理士とは

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

ストレス社会。それが当たり前になってしまいました。隣の人が心を病んで長く休んでいることも珍しくない時代です。
そんな現代社会において、メンタル心理士に求められていること、または果たせる役割とは?
○3人に1人がうつ病?
現在、3人に1人がうつや、何らかの精神疾患を抱えていると言われています。
そんなストレス社会において注目されるのはメンタルケア。
メンタルにかかるさまざまな負担を避けたり、負担から守ること。そしてメンタルの健康を維持すること。
精神疾患を予防するためのメンタルケア。その重要性はとても高まっています。
○こころとからだはつながっている
体のどこかがなぜか痛む。
その原因が怪我などによるものではなく、実はストレスだったということは珍しくありません。逆もまたしかり、
身体の病気から精神疾患が引き起こされるというのもよく見られる現象です。
密接につながっている心と身体の関係。どちらか片方だけをケアすれば良いというものではないのです。
○メンタル心理士の重要性と特徴
メンタルケアの重要性が高まる時代。そしてそのケアは、こころとからだの両方から行う必要があることが分かりました。
それを踏まえると、メンタルの健康保持、精神疾患の予防などのメンタルケアには、心理面での知識だけでは不十分で、
医学的な知識も求められることがおのずと分かってきます。

では、メンタル心理士資格なら、それに対してどのようなことができるのでしょうか?
メンタル心理士資格の特徴のひとつに、「精神解剖生理学」や「精神医科学」といった、医学・薬学・整理化学の知識を学べる部分があります。
このような医学系の知識を必要とするメンタル系の資格は、臨床心理士などを除くとほとんど存在しておらず、強みの部分でもあります。
また、臨床心理士は、受験資格に指定大学院の修了が要件とする資格。取得難易度としてはかなり高い部類に入ります。
その点、初心者からでも始められて通信講座でも取得可能なメンタル心理士の資格は、取得のハードルが高くなく、かつ、習得できる技能面においても
充実しているといった、二つの魅力を持った視覚だということができます。
○メンタル心理士資格を生かす
メンタルケアの重要性が高まっている今。
自身の健康を守るためにも、メンタルケアにかかわる知識あるいは技能はとても役に立つものです。
また、メンタル心理士資格を習得すれば、メンタルケアの現場での活躍も視野に入れることができます。学校や企業に加え、医療現場で活躍するカウンセラーなど、
さまざまな場所で知識を生かすことが可能になるのです。